ブスで彼氏ができない!が変わる方法

ブスで色気もなくてデブで絶対にモテない。

男性に魅力を感じてもらえないんだから彼氏なんてできるはずがない!!

ブスが彼氏持ちで結婚までする代表例は芸能人でしょう。普段ブスだといじられているような女性芸人が、意外にイケメンと結婚するという珍事?が結構ありますよね。

芸能人だからブスでも彼氏ができると思っていませんか?

それ違います。確かに芸能人というのは影響しているのですが、それはあなたにもできることなんですよ。

ブスだけど彼氏ができる女性の特徴

ブスだけど彼氏がいる、結婚できている女性芸能人・芸人は以下のとおり。

キンタロー
川島エミコ(たんぽぽ)

逆に彼氏ができない、結婚できないブスキャラ女性はこちらのとおり。

隅田美保(アジアン)
光浦靖子(オアシス)

この2パターンを見ると、顔がどうとか、スタイルがどうとか関係ないのが分かるでしょう。

キンタローと川島エミコにあって、隅田美保と光浦靖子にないものは何なのでしょうか?

自分も他人も否定しない

キンタローも川島エミコも芸風のせいかもしれませんが、他人を揶揄したりいじったりしません。される側です。

そして自分自身の容姿や性格のことをダメと行ったり批判している発言がほとんどありません。

良く言えばポジティブブスです。

逆に隅田美保と光浦靖子は、これも芸風のせいかもしれませんが文句を行ったり揶揄するキャラクターです。

他人に対してあれこれ言う姿が目に浮かびますよね。

どれだけ美人でも自分を否定する女はモテない

美人だったら何しても許されるとブスの人は思っているかもしれません。

でもかなりの美人でも、自分のことを否定していると男性は寄り付きません。すごい美人なのに自分の容姿に自信がないとこぼす女性はいます。明らかに美人なのだから謙遜と思えば済む話でしょう。しかし男性はそんな発言を何度も聞くと、見た目は美人でもその女性に全く魅力を感じなくなります。

つまり、自分の容姿に自信がないブス女性であっても、決して「自分はブスだから」という発言を男性の前でしてはいけません。

ただでさえ美人より条件がきついのに、美人でもアウトになる発言をしたらどうしようもありません。

他人を否定する女性に男性は寄り付かない

飲食店で店員さんに偉そうにする姿を見て幻滅した…

という、女性が彼氏に失望する場面があります。

これは男性から見ても同じことが言えます。

女性の場合は、他の女性の容姿や服装などについて否定的な発言をすることが目立ちます。

「この女優の髪型似合ってないよね~」

「ほら、あの子の服装ってあれでいいと思ってるのかな?」

女性は同性同士の競争が激しい性別です。女性同士のトークで他の女性をけなす発言を知らない間に繰り返しています。

男性は性別的にこのようなグループで他を締め出すあような発言を毛嫌いします。

ブスでも明るいとモテる。暗いと壊滅的に無理

美人は暗くても性格がおとなしいと良いようにとらえてもらえます。

でもブスだとただの根暗に思われておしまいです。

しかし明るいブスは美人に勝つことがあります。開き直っているというと失礼ですが、否定的なことを言わない明るさを持ったブスと、暗い美人ではいい勝負になります。

初対面では美人に軍配が上がるものの、時間経過とともにブスが有利になります。

キンタローは明るいですが、隅田美保は暗いですよね。隅田美保は結婚したいと常日頃言っているようですが、普段から否定的なようで暗さに拍車がかかりダメなことになっているようです。

痩せているか太っているかは関係ない

ブスで痩せているか太っているかは関係ありません。病的な範囲じゃなければ大丈夫です。

それよりも大事なのは姿勢です。

猫背だとブスでなくてもモテません。特にブスで自分に否定的なことを言う女性は猫背気味になります。

キンタローは社交ダンスをしていたせいか姿勢がいいですよね。あれだけ顔が大きくて今までバカにされてきたでしょう。普通ならその顔をできるだけ他人に見せないように猫背にならないでしょうか?

逆に彼氏ができない、結婚できない隅田美保と光浦靖子は、キンタローと川島エミコに比べて猫背気味ですよね。

猫背というのは男女ともに非常に否定的な印象を与えます。ブスだから隠れたいのは分かりますが、隠れたら男性は見つかりません。キンタローみたいにピン!と背筋を伸ばしたほうが彼氏ができる確率は遥かに高いんです。

おしゃれかどうかは関係ない!ベーシック+αで十分

男性はおしゃれな女性が好きなのは確かですが、それで付き合うかどうかが決まることはありません。

おしゃれかどうかより「雰囲気」です。大事なのは。

女性同士だとあの服はあり、なし。このブランドはもう古い、トレンドが…とあれこれ細かく言いますが、男性はもっと大雑把な見方をしています。

その人に似合っていればいいという男性の発言をよく耳にします。これの意味を女性は履き違えていることが多く、美人でもこれで失敗しているケースが目立ちます。

男性の好きな女性の服装というのは、その人に似合っているかどうかです。そしてこれは、ベーシックな範囲に+αされたガーリーな感じを指しています。

男性がジーパン+Tシャツというベーシックな格好だとすると、女性ならTシャツの首が緩めだったり、デニムのサイズ感がムチムチじゃない、裾がちょっと短い+サンダルとか、別に女性ならではでなくても、何となく細部に女性らしさがある…そんな一部があるトータルなコーディネートです。

男性だとデニムにTシャツでもハマる人は多いのですが、女性だとこれは「手抜き」に見えてしまう確率が高くなります。

何もヒラヒラのスカートを履く必要はありません。無理しなくていいいです。無理と恥ずかしいは違います。ちょっと恥ずかしいかも、というくらいが正解かもしれません。でも無理だと思う格好はしないほうがいいです。ブスがそれをやると痛いだけですから(はっきり言っちゃいますが)。

今できるミニマムな服装に、男性があまりしなさそうな造作を加えす。しかも美人しか許されないようなものはしない。これだけで男性の印象は違います。

女の子らしくアピールはブスがやると100%アウト

同性にも嫌われそうな女の子らしくアピールは、ある意味美人にだけ許された特権です。

でも女の子らしくアピールが激しい美人は、一見モテそうで幸せにはなりません。それより、多少ブスでも普通の気配りができる女性のほうが関係はうまくいきます。どうしても美人より「付き合う」までのチャンスが少ないから損ではありますが、いざ付き合ったらカワイイ子アピールの美人は男からは案外鬱陶しがられます。

胸を強調したりとか、かわいい強調の服を着るとか、実は男性は苦手です。性別的な、ヤリたいだけの女としてやっていくならアリです。でも彼氏、結婚相手がほしいならアウトです。

基本は同意。たまに本音できつく言えるブスはモテる

ブスだから男性にモテるように…と何でも迎合するのはよくありません。

最初に書いてありますが、女性でモテるのは男性の味方となる人です。否定的なことばかり言う女性は美人でもモテません。

しかし何でも男性の言うことにYESだとダメです。ヘタすると貢がされているような状況にもなります。

モテるブスは、いくら意中の男性であっても、ダメなところはダメと言える人です。キツイことを言ったら嫌われるからと避ける人がいますが、男性は本当に自分のことを見てくれていると感じるので言ったほうがプラスです。

男性は何だかんだで母親に対する信頼感があります。彼女であっても真剣にしかってくれる人はとても魅力できます。

しかし勘違いしてはいけないことがあります。

女性が女性基準で怒ってはいけないということ。男性が苦手なのは、女性がなぜ怒っているのか分からないことが多いことです。だから怒る、叱ると言っても、あくまでその男性の為を思ってじゃないといけません。

たまにこの怒る、しかるを勘違いして、自分の気持ち次第でやっている女性がいますがそれは間違いです。「僕のことを真剣に見てくれている」と思ってもらわないと全く意味がありませんよ。

誰でもいいから男性と話す機会を作ろう

ブスで彼氏ができないと悩んでいる女性は、自分はブスだからと無意識に男性を避けてしまっています。

自分を否定している女性はモテません。それが発言に出ていなくても雰囲気に出ます。モテナイブス芸人の二人として例に上げた、隅田美保と光浦靖子はまさしくそれなんです。男性が近寄ろうとしないのです。

逆に自分に否定をしていなさそうなキンタローと川島エミコは、自然と男性と接する機会が増えます。

これは出合い系サイトのプロフィールでも同じことがおきます。

仮に顔写真がブスだったとしても、プロフィールで自分のことを否定的に書いていない人はチャンスがあります。

「ブスですがよろしくお願いします」
「見た目に自信はありませんが…」
「今までモテたことありませんが…」

という情報は一切不要です。そんなの相手に知らせても意味がありません。むしろ男性を遠ざけるだけ。

一度遊びでもいいから出合い系サイト(それなりに真面目なところで)に登録して、一切自分のことを否定せずにプロフィール書いてみてください。案外と自分が相手にされることが分かりますよ。

自分はブスだから…

これを言う、思っている限り、まず幸せは来ません。

ポジティブなブスはネガティブな美人より幸せになれるのははっきりしています。もうこれはブスなのがチャンスだと思うしかないですよ?

以下は女性の利用者が多いマッチングサイト。女性は無料です。プロフィールを一度、自分がブスとか自信がないとか一切抜きで、適度に明るく書いてみましょう。きっと意識が変わります。今やらないと年齢でアウトになりますよ。

PCMAX~彼氏作りならこちら

pairs~婚活も意識するならこちら